印刷画面を表示します

先輩の声

各種プラント、産業機械、石油、鉄鋼、空調機器、建設機材など、多種多様な製品メニューを取り扱う総合商社「川重商事」。
国内取引を中心に海外事業や環境部門への本格展開を視野に、世界の顧客ニーズへ幅広く対応していきます。
そんな「新しいステージへの挑戦」を支えるのは、揺るぎない「安定感」。

川崎重工業の直系商社として次代に向けて進化し続けます。

自ら行動する姿勢が、無限のフィールドを創り出しています。

川重商事で活躍できる人材… それは、学生時代、何か一つにでも夢中になって打ち込んできた人や、
受動的ではなく、能動的に物事を考えて行動できる人。

その姿勢があれば、当社ならではの無限のフィールドを創り出すことができるのです。

揺るぎない安定感の中で、ダイナミックな挑戦をしてみませんか。

若い力を思う存分に発揮できる環境を用意して、皆さんをお待ちしています。

先輩の声

須藤慶広

2008年入社
石油本部
東京石油部二課
須藤 慶広

(経済学部出身)

人間力に磨きをかける。新たなお客様との出会いを作りより多くの信頼を築くために。

東京石油部二課では工場向けの潤滑油、灯油、軽油、ガスなどを取り扱い、その中で私は、北は福島から西は長野までの幅広いエリアのお客様を担当しています。私の部署は安定的に利益が出る商品を扱っているので、会社からの期待も大きい。だから、日々の小さな努力を大きな結果に繋げ、先輩が開拓してきたお客様との関係をより深いものにし、売上を伸ばしていくことが大切なミッションです。お客様の業種や年齢は様々なので日々勉強することがありますが、これも当社だからできることだと考え仕事に取り組んでいます。お客様から商品を注文頂くのはメールやFAXで済んでしまうことですが、それに慣れてしまってはいけません。時間を作ってお客様に会いに行く。顔と顔をあわせて最近の原油状況や業界動向など、お客様が望まれている内容をお話することで、確固たる信頼関係を築くことができると実感しています。

私の最近の取り組みは、新規のお客様を開拓すること。初めて新規のお客様から注文を頂いた時の喜びや達成感を忘れることができず、今後も注力していきたいと思います。そのためにも、私たちの仕事に必要不可欠な人間力を磨いて、多くのお客様との出会いを築いていきたいですね。

自分らしく仕事に取り組ませてくれる、この会社にとても満足しています。自由な社風や仲の良いメンバーに囲まれることで、自然と考える力が身に付いています。これらの力を数年後には会社に恩返しできるように頑張ります。

延原朋

2008年入社
大阪本部
油圧機械部二課
延原 朋
(総合政策学部出身)

アットホームな職場だから常に前向きに仕事に取り組めいち早い成長を実感。

私の主な仕事は、川崎重工業製のギヤポンプを販売することです。このギヤポンプは、化学繊維や液晶テレビのフィルム、医薬品などを製造する設備の一部分。ですから、普段目にすることがなく、皆さんには馴染みがないかもしれません。しかし、お客様の工場にとっては必要不可欠なギヤポンプ。すべてが受注生産で作られ、仕様を決めてから納品するまで約3~4ヶ月、製品によっては約6ヶ月を必要とする時間のかかる仕事なのです。

入社後少しずつ先輩からお客様を引き継ぎました。初めは書類に不備があったり、商談の中で知識が足りなかったりと失敗することもありましたが、「自分で考えて動く」という社風とアットホームな雰囲気の中で、自分らしく仕事を覚えることができました。その結果、お客様と良い関係を築くことができるようになり、商談から金額決定まで自分ひとりで行うことも増えてきました。

また、国内だけでなく、お取引頂いている海外(台湾・シンガポール・オランダなど)のお客様の担当として、貿易実務と英語の勉強をしている最中です。海外企業との取引は、取引条件やリスクなど様々な面で異なります。これらの知識を覚えることは簡単ではありませんが、一営業パーソンとして川崎ブランドを世界に発信する存在として活躍していきたい。そして、私の目標である、国際社会に貢献できる人物へ成長したいと思います。

久保 耕平

2007年入社
神戸本部坂出営業所
坂出営業課
久保 耕平
(理学部出身)

新たな発想と信頼お客様に感謝された時。それが最高の喜び。

坂出営業課のお客様は、川崎重工業(株)・坂出工場です。営業所は坂出工場と併設し、造船に必要な設備機械から、そこに使われる小さなネジ、消耗品まで、ありとあらゆる商品を販売しています。

坂出営業課は当社の中でも特殊で、他メーカーの商品を取り扱うことがほとんどです。張り付きで1社を担当しているのなら、一通りの仕事の流れを覚えればいいと思われるかもしれませんが、工場内の設備を把握したくらいでは、仕事になりません。部署ごとに必要な機械も部品も違い、まさに1つの部署が1社と思うくらいの規模があります。

また、競合他社に差をつけ、どれだけいい商品を提供できるかも使命です。

常にどんな機械や部品を求めているか?提供するならどこの機械メーカーの商品がベストかを、お客様との話から探り出し、「やりやすくなったよ」と言っていただけた時、やりがいを感じますね。

入社当初、「なぜ商社が必要か?」と思っていました。しかし、仕事を任され分かったんです。商品を売るだけではなく、「人と人、ユーザーとメーカーを結び付ける橋渡し」が商社なのだと。

新人の意見も尊重し、自分のやり方で仕事を進められるのが当社。

この環境で、「製品知識ある営業マン」に成長し、お客様に信頼を寄せていただけるようになるのが目標です。

油谷友亮

2007年入社
管理本部
経理部経理課
油谷 友亮

(商経学部出身)

互いの仕事を尊重するから厳しい要望も言える。そんな切磋琢磨できる環境が好き。

経理部は会社の運営状況を数字で管理する部門です。私は国内外に点在する支社、営業所の売上伝票等をチェックする経理課に所属し、会社全体の業績を管理するのが仕事です。

現在9カ所の部署を担当していますが、経理側から見るだけでも、当社の取引先の多さには驚きました。また違う驚きは社内の雰囲気。名前を出すだけでどこの誰と分かり、本社をはじめ各営業所がまるで家族のように近くに感じられるのは珍しいのではないでしょうか。

アットホームな会社ですが、経理は営業を支え、会社全体のお金の部分をしっかりと固めるのが仕事。入社当時、上司に言われたのは、「サポートと牽制の姿勢で仕事に取り組むように」ということでした。サポートは営業の業務効率アップのシステム作りで、牽制は数字的な間違いが起きないように厳しい態度も時には取るという意味です。自分にはまだこのバランスの取り方が難しいのですが、互いの仕事を尊重しつつも厳しいことが言えてこそ、本当の信頼関係が築けるのではないでしょうか。

経理は地味な仕事と思われるでしょうが、会社全体の経営を影から支える重要なセクションです。数字は、会社のさまざまな動きを反映したものですから、ビジネス全体の流れを知ることができます。経営の根幹に関わる緊張感ある仕事だからこそ、大きな充実感も感じています。

採用情報

このページのトップへ戻る