印刷画面を表示します

社長挨拶

紀山 滋彦

重工業の総合技術力を背景に、
グローバルな展開を進めています。

当社は川崎重工業グループの商社として、グループ企業の土木機械、油圧機器、産業用ロボット、発電・製鉄等各種プラント用機器の販売およびそれらの製品の生産に不可欠な資機材の供給に取り組む一方、グループ企業以外の製品である石油製品、空調機器等の販売およびエンジニアリングサービスの提供を積み重ねることで創設以来65年の歴史を築いてまいりました。

川崎重工業グループは高度な総合技術力によって、「世界の人々の豊かな生活と地球環境の未来に貢献する“Global Kawasaki”」というグループミッションを掲げております。当社においてもお客様に新しい価値を創造し満足できる製品やサービスを提供することにより、 社会に貢献しグループミッションの実現に努めております。

エネルギー分野を重視する事業展開。

持続的な成長に向け、国内ではエネルギー需要構造が大きく変化する中、エネルギーの主力製品である石油製品に加え電力やガスの販売にも注力し、エネルギー分野への新たな取り組みを開始しております。さらに地球環境に優しく、高い経済波及効果が期待される次世代エネルギー分野への参入も視野に入れ事業推進しております。

ASEAN市場に注力する海外展開。

海外では先進国のみならず新興国、特にASEAN諸国では人口増加や経済成長が見込まれており、市場としての魅力が高まっております。そのような環境下、2015年には海外統括拠点としてフィリピンにマニラ事務所を開設し、さらに2016年にはタイのバンコクに現地法人を設立しました。川崎重工業グループ製品を含む取扱製品の販売やサービスを展開することによりASEANビジネスを強化し、より一層の海外事業展開を目指します。

当社では、従業員一人ひとりの能力・知識・経験を組織として活用し、お客様の多様化するニーズに丁寧にお応えするとともに、法令遵守や企業の社会的責任(CSR)を果たすことで社会に貢献し、ますますの企業価値向上に努めてまいります。

今後ともより一層のご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長

紀山 滋彦

会社案内

このページのトップへ戻る