印刷画面を表示します

CSR

企業倫理規程

当社役員および従業員は、経営理念に基づいて企業活動を行うとともに、この規程を遵守する。

さらに、経営トップは率先垂範のうえ、リーダーシップを発揮して本規程を全社員に遵守せしめる。

1.法令と社内規程の遵守 (コンプライアンス)
国内外の法令やルールならびに社内規程およびその精神を尊重し、これを遵守する。
2.人間の尊重と差別の禁止
快適な職場環境を作り、これを維持するため、すべての人々の人格と基本的人権を尊重する。
3.適正な会計処理および財務報告の信頼性の確保
企業活動の記録・会計処理および開示は、法令・規則等に定められた正しい基準に従って行い、財務報告の信頼性を確保する。
4.公正な競争
公正、透明かつ自由な競争を通じて、製品およびサービスを提供し、不当な手段や不透明な行為による利益の追求は行わない。
5.反社会的勢力との関係遮断
市民社会の秩序と安全に脅威を与える反社会的な団体や個人に対しては、毅然とした態度で立ち向かい、一切の関係を持たない。
6.インサイダー取引の禁止
川崎重工業株式会社およびその関係会社ならびに取引先に関する情報のうち、株価に影響するような重要事実を知ったときは、公表されるまでそれらの会社の株式等の売買取引を行わない。
7.環境保全の推進
限りある資源や自然を大切にし、地球環境への負荷低減を図るため、資源・エネルギーの節約、廃棄物のミニマム化、リサイクル促進等に自主的かつ積極的に取り組むとともに、製品やサービスの提供先における環境への負荷低減をも視野に入れて取引を行う。
8.過剰な接待授受の禁止
正常な取引関係に影響を与えるような過剰な接待または贈答の授受は一切行わない。
9.公私の区別
公私の区別をわきまえ、清廉かつ誠実に業務を遂行するとともに、会社の保有する有形・無形の資産、情報の保全に努め、またこれを自らの業務遂行の目的以外には使用しない。

2003年5月1日 制定
2008年4月1日 改正

会社案内

このページのトップへ戻る